中学生 大学生 小学生以下 教育論

勉強する意味

投稿日:

勉強する意味

 

突然ですが、勉強する意味とはなんなのでしょうか?

 

良い学校に行くためなのか、知識をつけていかすため、はたまた将来のキャリアのためか・・・

 

今、学生の方は疑問に思うことはもちろん、お子さんにこういったことを聞かれて困った親御さんもいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

これに関しては、まさに永遠の疑問ですよね。

 

先のような回答に対しても疑問は残ります。

 

・勉強というのは良い学校に行くためのツールなんでしょうか?

・知識を得る以外に勉強する意味はないんでしょうか?

・必ずしも勉強しなくとも社会的に成功している人もいるのではないか?

 

 

今日はそういった疑問について持論ですが、答えを出してみたいと思います。

 

 

勉強とは将来を豊かにするもの

 

私の考える勉強の意味とは人生を豊かにするということです。

 

豊かにするといってもそれは良い学校や会社に行くだとか、博学になるといった意味ではありません。

 

勉強をすることで得られるものは人それぞれです。なぜならそれは学ぶ目的、内容によって異なってくるからです。

 

しかし、共通することが一つあります。

 

それは学ぶことでその内容は自分自身に刻まれるということです。

 

それによって将来の可能性ばかりか、自分の人間としての感受性をも身についていくことになるのです。

 

極端な例になるかもしれませんが、もしみなさんが文字が読めなかったらどうでしょう?

 

もちろん、良い学校、会社には入れそうにはないですよね。

 

そもそも、要項を読んだり、ESを書くことも難しそうです。もっと言えば本を読むことができないので、それによって得られる感動や喜び、悲しみといった感情を得ることもできないことになります。

 

しかし、文字が読めたらどうでしょう。みなさんは可能性に満ち溢れています。いろんなことに挑戦することができるようになりますし、色んな物事を理解し、心を震わせることができるようになります。

 

文字という例を出しましたが、これはあらゆる学ぶことに共通します。国が人々に「学ぶ自由」を与えているのはこのように、人間として将来的に豊かになれるためだと思っています。

 

学ぶジャンル、内容はなんだって良いと思っています。遅すぎるということもないと思います。ぜひ皆さんも勉強を楽しんで、自分の将来を切り開いていってください。

 

最後に…私たちの思い

学びの機会を均等にしたい

そのような想いの元、私たちdiverstudyは活動して参りますので、これからも応援の程宜しくお願い致します!!

 

-中学生, 大学生, 小学生以下, 教育論

Copyright© diverstudy , 2019 All Rights Reserved.