小学生以下

小学生で大切にすべきこと

投稿日:

小学生で大切にすべきこと

本記事は、小学生の子どもをお持ちの保護者の方向けのコンテンツを提供したいと思います。

 

正直に言いましょう。小学生の段階では子どもを自由にさせてあげてください。

 

現在、大学生の私だから言えることは、小学校のうちはとにかく遊んだ方が良いです

 

というのも、小学生を卒業し、中学校にあがると、社会人になるまでまともに長く遊べる日々はやってきません。

中間テストや期末テスト、部活やバイトなど。様々なタスクが降りかかってきます。

 

また、堅苦しい話になりますが、多くの学生の方は大学時代に「奨学金」というものを借りるため、その返済のためにバイトなどで忙しい日々を送ります。

もちろん、奨学金を借りない比較的裕福な家庭の方などはこういった環境に遭遇しないかもしれませんが、やはり、小学生の時のように、心から楽しんで遊べる時間というのは少なくなります。

 

心の底から楽しんで自由に遊べるのは小学生の時だけです。「老後も自由に遊べるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、無邪気なまま、本当の意味で自由に遊べるのは小学生の時しかないように思います。

 

貴重な小学生という時間を、子どもの意思を尊重して自由に育ててあげることが、最も大切なことなのではないかと個人的には強く思います。

 

友達

 

小学生の時に身に付くスキルは、社会人になってから活かされるものも多くあります。

その最も良い例が、コミュニケーションスキルです。

本記事を読んでいる方の中にも、人とコミュニケーションを取ることに悩んでいる方はいらっしゃるのではないでしょうか?

仕事の商談や合コンなど、様々な場でコミュニケーションスキルが必要になることが多いと思います。

 

コミュニケーションスキルというものは、中学生や高校生、大学生や社会人になってからも身に付けることはできます。

しかし、小学生の時に身に付けておくことの方がはるかに楽なので、それをオススメします。

 

コミュニケーションスキルは、閉鎖的な環境にいては決して身につきません。例えばずっと机に向かって勉強していては、コミュニケーションスキルなど身につくはずがありません。

 

コミュニケーションスキルというものは、人と人との対話を通じる中で、身につき、磨かれていくものです。そのためには、多くの人と話し、様々な意見を聞いたり話したりすることが重要になります。

 

その中で最も大切になる存在が「友達」です。

 

友達は一生の宝です。コミュニケーションスキルを身に付ける手助けをしてくれるだけでなく、いざとなった時には悩みにものってくれます。

そのような友達作りを、小学生の内は大切にするよう、意識させてあげてください。

きっと、子どもにとって、かけがえのない財産になると思います。

 

まとめ

小学生の内は、子どもを自由に、のびのびと育ててあげてください。

きっと、子どもは親御さんの想像以上の成長をしてくれると思います。

 

決してこちらから何かを押しつけるのではなく、子どものやりたいことを尊重し、応援してあげる。

 

それこそが、子どもが小学生の時に、保護者がしてあげられる最善の行為だと私は思います。

 

最後に...私たちの想い

学びの機会を均等にしたい

そのような想いの元、私たちdiverstudyは活動して参りますので、これからも応援の程宜しくお願い致します!!

 

 

-小学生以下

Copyright© diverstudy , 2019 All Rights Reserved.